日用品

おすすめ!場所を取らない「水切りラック(水洗い後・皿置き場)」コスパ最強ランキング

経理担当・ゆうです!

プロフィールは下をクリック!!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f-1.png

「水切りラック」という言葉を聞きなれていない方は多いのではないでしょうか?

「水切りラック」とは、食器を洗った後に、その名の通り下の受け皿に、時間をかけて水を落とし、水切りをするものです。

※水切りラックの多くは、水受け皿とセットになっています。

●主な「水切りラック(水洗い後・皿置き場)」の種類

・つっぱり棒付き水切りラックタイプ

→1人暮らしにおすすめ

・バスケット水切りラックタイプ

→家族世帯・シンク幅が広い家におすすめ

・シンク中水切りラックタイプ

→家族世帯・シンク横が広い家におすすめ

●「水切りラック(水洗い後・皿置き場)」の選び方・基準

❶置くスペースを確保する

・1人暮らし・台所が広くない場合

★つっぱりタイプがおすすめです!

○メリット;縦に2段以上で構成されていて、場所を取りにくい。

※使わない時には、食器洗いを置いておく「ラック」部分を折りたたむことができるものもあります。

●デメリット:突っ張り棒の幅と天井が合うかどうか確かめる必要がある。

 

・家族世帯・シンク(流し台)横の置き場スペースが広い場合

★バスケットタイプがおすすめです!

○メリット:置くスペースさえあれば、場所は問いません。

※水切りラックごと移動できるものもあります。

○デメリット:調理台や作業台が狭くなってしまうデメリットがあります

・家族世帯・シンク(流し台)が広い場合

★シンク中タイプがおすすめです!

○メリット:受け皿の下がシンク(流し台)になるので、受け皿が必要なく、受け皿の掃除の手間が省けます。

●デメリット:相当シンクが広くないと、シンク(流し台)を使えるスペースがなくなってしまいます。

 

❷耐久性の高い材質

・ステンレス

○メリット:錆に強く、強度も申し分ありません。(光沢があって、見た目も良い)

●デメリット:(水垢で汚れやすい)

→ワイヤーの溶接部分や交差部分が少なくて、掃除がしやすい設計を選びましょう!

・シリコンなどでコーティングされたスチール

○メリット:高級な食器でも、傷をつけにくい。(見た目もあたたかい)

●デメリット:

・プラスチック

○メリット:カビに弱く、汚れやすいです。(軽量で扱いやすい)

●デメリット:抗菌コート済か、分解して全体を漂白できる商品でないと、衛生面で弱い。

 

❸掃除しやすい設計

 

❹水受け皿の水はけのよさ

・受け皿だけをスッと外せるものだと、水がすぐ流れてくれる

・受け皿が、シンク(流し台)に斜め下に向かっていて、食器から落ちてきた水が、流れるものであれば、衛生面がアップ。

→斜めになっていればなっているほど、良い。多少の斜面だと、たまってしまうことが多い。

 

★「水切りラック(水洗い後・皿置き場)」おすすめランキング

 

第6位 シンク中水切りラック

 

 

 

第5位 シンク中水切りラック

 

第4位 シンク横水切りラック

 

 

 

 

第3位 シンク横水切りラック

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コーナン オリジナル ステン3段水切りラック KHM05-8265 サイズ(約):幅40×奥行30×58cm
価格:3480円(税込、送料別) (2020/12/30時点)

楽天で購入

 

 

第2位 突っ張り棒水切りラック

 

 

 

第1位 突っ張り棒水切りラック

 

 

 

 

本日も、最後まで読んでいただき、

ABOUT ME
ゆう
こんにちは! 普段はこんな感じです笑(^▽^)/ よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA