家具

マット・ラグ・カーペット・絨毯の違い、帖と畳の違い

経理担当・ゆうです!

プロフィールは下をクリック!!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f-1.png

●マット・ラグ・カーペット(絨毯)の違い

マット・ラグ・カーペット・絨毯の違いってよくわかりませんよね?

私も何かが違うんだろうなと思っていました。

しかし・・・

違いは、使う場所大きさだけだったんです!(笑)

これらすべてが、「表面層が繊維でできた敷物。ファブリック類。」と定義されています。

 

1帖(畳)=1.55㎡(平米)=0.47坪

1坪=3.31㎡(平米)=2.14帖(畳)

1㎡(平米)=0.3坪=0.64帖(畳)

※帖…江戸間(大手住宅メーカーが基準としていることが多い)

 

●「帖」と「畳」の違い

「帖」と「畳」の違いは、和室or洋室です。

元々、和室が多かった頃から「たたみ」を意味する「畳(じょう)」を使っていました。しかし、現在住宅の床の多くが、フローリングとなっていることを踏まえて、洋室には、「帖」を使って、和室と区別することになったと言われています。

(実は、正式な違いはありません。)

→なので、両方「帖」を使う方も少なくありません。

 

●具体的な大きさ・使う場所の違い

○マット

基準:1帖(1.55㎡)以下

50㎝×80㎝(0.4㎡)

70㎝×120㎝(0.84㎡)

→玄関マット・キチンマット・フロアマットなど

○ラグ

基準:3帖(4.63㎡)以下

100㎝×130㎝(1.3㎡)

140㎝×120㎝(1.68㎡)

190㎝×230㎝(4.37㎡)

200㎝×200㎝(4.0㎡)

 

○カーペット・絨毯(じゅうたん)

カーペット:英語

絨毯(じゅうたん):日本語

基準:4.5帖(6.98㎡)~

190㎝×240㎝(4.56㎡)

200㎝×250㎝(5.0㎡)

250㎝×300㎝(7.5㎡)

350㎝×520㎝(18.2㎡)

 

ラグとカーペットの基準の違いを見てもらって、気づかれたと思いますが、基準がかぶっていますし、3帖~4.5帖の間に空白があるんです。

そう!・・・アバウトな基準はありますが、厳密に決まっているわけではありません。

一番小さいのが、マット

一番大きいのが、カーペット・絨毯

真ん中が、ラグと

覚えておければ良いでしょう!

 

★まとめ

・マット・ラグ・カーペット・絨毯の違いは、使う場所大きさ

①マット:小さい

②ラグ

③カーペット・絨毯:大きい

・「畳」と「帖」の違いは、正式なものはありませんが、

「畳」は和室、「帖」は洋室

・カーペットと絨毯の違いは

カーペットは英語、絨毯は日本語

 

本日も、最後まで読んでいただき
ABOUT ME
ゆう
こんにちは! 普段はこんな感じです笑(^▽^)/ よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


騙される資産運用
の罠5選
手数料ハンターズ
騙される資産運用
の罠5選
手数料ハンターズ