家具

おすすめ!ふんわり「バスマット」コスパ最強ランキング

経理担当・ゆうです!

プロフィールは下をクリック!!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f-1.png

●主な「バスマット」の種類

・今流行りの珪藻土(けいそうど)

・安定のタオル素材バスマット

●今流行りの珪藻土(けいそうど)の罠

珪藻土:水をじかに吸収する吸水性があります。

○メリット

①その部屋の湿度状況によって、湿気を吸収したり、放出したりしてくれます。

②脱臭・消臭効果があります。湿気に臭い(におい)成分が溶(と)けるので、湿気を吸収してくれる時に、一緒に臭いも吸収してくれる仕組みです。

洗濯する必要がありません。

 

●デメリット

❶ぼろぼろ粉が落ちる場合があります。

→最近では、つるっとしたタイプも販売されています。

❷洗うものではない分、汚れが付くと、ずっと残ります。

タオル素材のような包み込んで、水を吸収してくれるわけではありません。素材自体が吸水の特徴を持つだけです。

冬は冷たい。固い。

↓↓↓↓

優しさや柔らかさを求めるのであれば、やはり、

タオル素材がBEST!!

●ふんわり「バスマット」の選び方・基準

❶綿(コットン)

やさしい、ふんわり、柔らかい、包み込むような感覚を味わえるのは、やっぱり「綿」です。

 

❷麻(リネン・ラミー)

吸水性・耐久性ともに抜群です。速乾性もあります。

 

❸アクリル、ナイロン、ポリエステル

吸水性には劣るものの、乾くスピードはピカ一です。

 

❹マイクロファイバー

ポリエステルやナイロンといった化学繊維で織られており、吸湿性、速乾性が高いです。素材の断面は、非常に細く、花びらの角がとがり花びら状になっています。

干す時間は他と比べて短いです。

 

★ふんわり「バスマット」ランキング

 

第4位 ソフトタイプ珪藻土バスマット

 

 

第3位 綿100%大判バスマット

 

 

第2位 吸水・速乾・足ふきバスマット

 

 

第1位 速乾・吸水バスマット

 


※素材がとがっている形となっているので、肌をゴシゴシするのは避けましょう!

 

 

本日も、最後まで読んでいただき、

ABOUT ME
ゆう
こんにちは! 普段はこんな感じです笑(^▽^)/ よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


騙される資産運用
の罠5選
手数料ハンターズ
騙される資産運用
の罠5選
手数料ハンターズ