家具

おすすめ!身体を考えた「マットレス」・コスパ最強ランキング

「マットレス」のおすすめ度

メリット①:身体に優しい

メリット②:眠れる

メリット③:コスパが良い

90

コスパ

40

節約効果

85

生活お役立度

85

絶対的必要度

経理担当・ゆうです!

プロフィールは下をクリック!!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f-1.png

ちなみに、マットレス=mattress=寝るための(レス)敷物(マット)

●主なマットレスの種類

高反発マットレス

低反発マットレス

●「マットレス」の選び方・基準

❶適度な硬さが必要

マットレスは、根姿勢を支えられることが大事です。

理想の寝姿勢は立っている時のS字に比べて背骨が緩やかになります。

※なので、お腹が突き出ない状態になります。

❷体にかかる圧力を丁度良く分散させる

これを体圧分散(たいあつぶんさん)といいます。

体圧:寝ている状態で、体がマットレスから受ける圧力のこと。

体圧分散性が高いマットレスは、柔らかい(低反発の)マットレスです。

 

しかし、体圧分散性が高すぎると、寝心地が悪くなったり、寝返りを打ちにくくなったりします。

人の身体の感覚は敏感な部分と鈍感な部分と別れています。この2つの感覚差を無視して、とにかく柔らかいマットレスを使うと、寝心地が悪くなります。

敏感な部分:腰や首など

鈍感な部分:お尻や背中

また、体圧分散性が高いものは、自分の形にマットが変形するので、寝返りが打ちにくいというデメリットがあります。

❸理想的な「弾性の三層構造」

体に触れる上の層:柔らかい・ソフト

真ん中の層:かなり硬め

一番下の層:ソフトに支える

→これにより、体との接地面はソフトに柔らかく、沈み込みすぎることがありません。

 

❹一番下の層「クッション層」で差が出る

○コイル系マットレス

復元率・弾性率が高く、耐久性が高い。BUT…価格が安いものは質が悪い傾向にある

ボンネルコイル

ばねが連結した構造になっていて、耐久性は高めですが、コイルの量が少なく安価な商品に多い。

デメリットは、コイルが連結しているため、振動が伝わりやすく、揺れやすい。「バインバイン」した感触が強いため、バネを感じることが多い。

→欧米で好まれている

 

ポケットコイル

バネが独立している構造

並行配列

 

交互配列:高密度にコイルを配置

 

高密度連続スプリング

耐久性が非常に高く、がっしりした男性の方に人気があります。ポケットコイルの方が振動は伝わりづらいです。

 

○ノンコイル系マットレス

ウレタン

安価で軽量なため、手ごろです。滑らかさと優れた反発性があります。BUT…耐久性が低く、体重が重い方には向きません。

→安価な商品には、劣悪なものも多いので、注意!

 

ファイバー(ポリエチレン/ポリエステル)

様々な方向に反発力が働くため、寝返りがしやすい。空洞が多い素材なので、通気性が圧倒的に良い。

BUT…耐久性が低く、ポリエチレンでできたファイアーは熱に弱いので、電気毛布の使用や天日干しは控えてもらった方が良いです。

 

ゲル

丁度良く体圧分散性が高く、適度な反発性があります。

BUT…ゲル素材自体の耐久性は高いですが、100%ゲル素材のマットレスはなく、ウレタンやポリエチレン素材などと組み合わせてあるので、耐久性は低くなります。

 

❺高反発 vs 低反発「マットレス」

★高反発マットレス

高反発マットレス:最初に申し上げますと、硬くありません。(笑)沈み込まずに、跳ね返す力が比較的強いといったものです。

○メリット

人間は、一晩の睡眠で、およそ20回前後寝返りをするのが適正と言われています。

この寝返りを邪魔せずに、寝返りを打ちやすい環境を整えてくれるのが、高反発マットレスの特徴です。

体圧の分散、通気性に優れていて、夏でも快適に眠れます。

→スポーツ選手に人気が高い。

 

●デメリット

通気性が良い反面、冬は寒く感じることがあります。

 

●低反発マットレス

低反発マットレス:ふかふかの柔らかさでぐっすり眠りたい気持ちにこたえたのが、これです。

○メリット

横向き姿勢で寝ても、体に合わせて形を変えてくれるので、とても安定します。

商品バリエーションが豊富にあります。

●デメリット

柔らかいことで、寝返りが打ちにくいです。

→同じ姿勢を長く続けることで、肩こりや腰痛の原因になってしまうケースも少なくありません。

 

★「高反発マットレス」おすすめランキング

第4位 消臭!男の高反発マットレス

→ウレタン製

 

第3位 「純」高反発マットレス

→ウレタン製

・シングル(幅;100㎝)

 


・セミダブル(幅;120㎝)

 

 

・ダブル(幅;140㎝)

 

・クイーン(幅;160㎝)

 

・キング(幅;180㎝)

 

第2位 コアラマットレス

→「ウレタンクラウドセル」というっ技術がある
https://jp.koala.com/

第1位 雲のやすらぎプレミアム

→ウレタン製
『雲のやすらぎプレミアム』 マットレスタイプ



●「低反発マットレス」おすすめ

第1位 トゥルースリーパー

→低反発素材「ウルトラ ヴィスコエラスティック」製

 

 

本日も、最後まで読んでいただき、
ABOUT ME
ゆう
こんにちは! 普段はこんな感じです笑(^▽^)/ よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA