3⃣副業が会社にバレない方法・おすすめの税金・確定申告方法

この記事は約3分で読めます。

経理担当・ゆうです!

プロフィールは下をクリック!!

会社は副業を禁止できない

就業規則に「副業は禁止するものとする」と書いてある会社も多いかと思います。

でも、副業を禁止することは法律で認められていません。ただ、「副業によって、過労状態に陥ったり、競合性があるもの、社会的に問題があるものは避けるべき」とされています。。

 

アルバイトといった給与での支払いは、所得税と住民税が源泉徴収されているケースがほとんどです。確実にバレると思った方が良いでしょう!

※手渡しのところは、そもそも自分が働いていないことになっていたりするので、ばれないかもしれません。(笑)

 

会社にバレる時は住民税の徴収の時だけです

会社にバレないようにするために

  1. 20万円以上の報酬を得た時に、確定申告する
  2. 確定申告の際に、住民税を自分で納付するにチェックする
  3. 住民税を自分で納付することになっていることを、近くの区役所に電話して確認する

1.20万円以上は確定申告する

20万円以上の報酬が生まれた場合、

確定申告の必要があります。

※ただ、20万円以下でも確定申告しなくて良いかというと厳密的にはした方が良い。

→20万円以下は確定申告しなくてよいというのは、手続きを簡略化したいという双方の思惑が暗黙の了解として成立しているものです。

 

確定申告の方法は、3つあります。

 

Web上 e-Tax(マイナンバーカード方式)

マイナンバーカードを利用して、データ送信で提出します。

※マイナンバードを読み取りできる端末を持っている場合に限ります。

i Phone7〜、Galaxy、Xperia、AQUOSなど

 

Web上e-Tax(ID・パスワード方式)

IDとパスワードを利用して、データ送信で提出します。

税務署で発行したID・パスワード方式の届出完了通知を受け取ってからこの方式は利用できるようになります。

 

書面

申告書を印刷し、添付書類と一緒に税務署に提出します。

提出方法は、郵送 or 税務署に持参

 

.住民税は自分で納付する

確定申告する際に、「・・・住民税の徴収方法の選択」の欄で、「自分で納付」に○をつけて下さい。

 

※「給与から差引き」に○をすると、住民税額が会社に知られてしまうので、

副業で稼いだ額が大きければ、大きいほど、バレる確率は高くなります。

 

3.市役所 or 税務署に電話して確認する

その後、住民税が自分で納付するになっているか

「電話」して必ず確認して下さい。

市区町村もミスをして、住民税が会社の給料から徴収されてしまう危険性があります。

市区町村からしたら、給料から徴収できた方が確実で、楽なんです!

そのため、間違えても良いという風潮があるのかもしれません。

年に一度の大仕事だと思って、正確かつ確実に電話しましょう!

3月初旬に電話して、確認するようにしましょう!

 

本日も、最後まで読んでいただき、

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました