家賃(賃貸)を安くする方法

この記事は約2分で読めます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: img_2230.jpg

経理担当・ゆうです!

プロフィールは下をクリック!!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f-1.png

●3社以上、相見積もりをする

 

●メールやLINEでやりとりを文書に残す

仲介・管理会社が下手なことを言えなくなる

●見積書を見て削れるものを探す

1.書類作成費(請求できないもの)

2.簡易消化器(家主が負担するもの)

3.害虫駆除費・抗菌・室内消毒費・〇〇コーティングなど

→どうせやらなかったり、やっても少し部屋に入って、ワンプッシュ!する程度で、意味なし!

4.安心〇〇サポート

仲介会社が必要ないものをぼったくるために請求しているだけ

5.ハウスクリーニング

前居住者の退去時に行っていることが多いため、内覧で綺麗であれば、必要なし

※退去時に請求される場合

→国土交通省のガイドラインで、家主が綺麗な状態にするのが妥当とされている

それでも、特約で、「みなさんに負担してもらいます」と書いてある場合があるので、交渉して、外してもらう

 

6.鍵交換代

通常の相場:1〜1.5万円

ぼったくられないようにしましょう!

 

●仲介手数料は0.5ヶ月分のみ

仲介手数料を1ヶ月分払っていた男性が裁判を起こして、0.5ヶ月分取り返した判決が出てます!

※仲介手数料には、共益費は含まれません。

家賃8万円、共益費0.5万円であれば、4万円のみ!

 

 

本日も最後まで読んでいただき、

コメント

タイトルとURLをコピーしました