レジャー産業の未来

この記事は約4分で読めます。

経理担当・ゆうです!

プロフィールは下をクリック!!

様々なレジャー産業の現状と未来について話していきます。

テーマパーク

テーマパークとは、統一した世界観がるものを指します。

日本人はテーマパークが大好きで、

入場者数は世界トップクラスです。

  • 日本のテーマパーク入場者数ランキング
  • 世界のテーマパーク入場者数ランキング

出典:「2018 AECOM and TEA(テーマエンターテイメント協会)

Theme Index and Museum Index Report」(2020年7月現在最新版)

https://www.aecom.com/wp-content/uploads/2019/05/Theme-Index-2018-4.pdf

 

日本のランキングでは、東京ディズニーランドとシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが圧倒的な強さを見せています!

そのあと、三重県のナガシマ スパ―ランドと

長崎県のハウステンボスが続いています。

注目すべきところは世界的に見ても

日本のテーマパークの入場者数は多いところです。

世界第3位~第5位を日本が占めており、

第18位にもナガシマ スパ―ランドが入るなど、

日本人はテーマパークが大好きなんです。

これには努力を重ね続けてきた、スタッフの存在があり

新しいアトラクション取り入れ続け、

お客様を楽しませることを考えてきたからこそです。

出典:2018 AECOM and TEA

 

それでは、それぞれのテーマパークについて触れていきましょう。

東京ディズニーリゾート

第1、2位は、圧倒的人気の東京ディズニーリゾートです。

東京ディズニーリゾートは、

1995年の入場者数:約1550万人から

2013年には今現在と同じ約3,000万人にまで成長しています。

それまでの歴史と運営会社についてまとめました。

基本情報

ディズニーリゾート組織図

日本の東京ディズニーリゾートは、世界で唯一、

ライセンス契約による運営をしています。

現在世界各国に名を馳せている親会社

「ウォルト・ディズニー・カンパニー」

その組織図全体を見ていきます。

 

  • 海外の場合

 

  • 日本の場合

 

歴史

 

遊園地

遊園地についてです。

遊園地とは、アトラクションに力を入れている場所のことを指します。

次のグラフは、テーマパークと遊園地の売上高の推移を示したものです。

先ほど、テーマパークの人気が高いことを話しましたが、

遊園地も人気が高いのです。

2000年に入ってから、売上が右肩上がりで

ほぼ2倍に成長しています。

出典:経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

 

日本の遊園地ランキングを見ていきます。

出典:2018 AECOM and TEA

   トラベルボイス「観光産業ニュース」

 

ウォーターパーク(プール)

ウォーターパークとは、

レジャー目的のプールのことを指し、

ウォータースライダーの有無で判断すると良いでしょう

次の表はウォーターパークの入場者数世界第1、20位と日本のランキングです。

 

出典:2018 AECOM and TEA、

   テレビ番組「アッコにお任せ」

 

水族館

出典:トラベルボイス「観光産業ニュース」

動物園

出典:トラベルボイス「観光産業ニュース」

ミュージアム

出典:2018 AECOM and TEA、

   総合案内.net

映画館

ボーリング

カラオケ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました