住居

はじめての賃貸の契約・流れ

賃貸契約の流れについて話すとともに、間にお得な情報をリンクとして貼っていきます!

記事の概要(目次)

●はじめての賃貸契約時

①部屋の条件を考える

②物件を探す

③3社以上の不動産会社の見積もりをとる

④候補の内見をしに行く(不動産会社に行く)

⑤申し込み~入居審査を受ける

⑥重要事項説明を受ける(不動産会社に行く)

⑦契約手続きをする

⑧物件の引き渡し

●はじめての引っ越し作業

①新物件の入居日が決まったら、引っ越し業者に見積もりを依頼する

②引っ越し先が別の市区町村の場合、転出届けを提出する

詳しくは、お住いの市区町村のホームページで「転出届」というキーワードで検索してみましょう!

③旧物件の電気・ガス・水道の解約

④(固定電話やインターネットの移転手続き)

⑤旧物件の部屋掃除

部屋をできるだけ掃除しておくことで、余計な修繕回復費用がかかったり、敷金が減らされたりします。

⑥粗大ごみの処分

⑦荷造り

⑧引っ越し

●入居後にやること

①壁や天井、床の傷・汚れの有無

②エアコンや照明などの備え付け設備の故障有無

③水漏れなどの水道トラブルの有無

入居後日々チェックを続けた方が良いです。

④窓や網戸の傷の有無

⑤ドアノブや鍵に不具合の有無

⑥転入届の提出

引っ越し後の14日以内

同時に、国民年金、国民健康保険の手続き

⑦電気、ガス、水道などの手続き

⑧運転免許証の住所変更手続き

●はじめての更新前引っ越し

①大家さんまたは、管理会社(不動産会社)に解約の連絡をします

管理会社(不動産会社)の多くは「解約の通知書」を受け取ってから、「1ヶ月 or 2ヶ月」以降の解約を認めてくれます。

②管理会社・不動産会社で「賃貸契約解約」の手続きをします

③家賃処理・支払額について

解約日が家賃締日出ない場合は、家賃は日割計算となります。

今までの流れを踏まえて実例で説明します!

R2年12月28日 解約決定。

→物件を探し始める

R3年1月10日 管理会社に電話

※解約日は、余裕をもって決める

 今回は2月10日退去日

1月20日 良い物件見つかる

1月27日 2月の日割り家賃

70,000円÷28日×10日

=25,000円の家賃前払料

2月5日 新規物件入居日

2月10日 旧物件退去日

●はじめての更新手続き

契約更新は2年おきが多いです。

※定期借家契約の場合は、更新はほぼほぼありません。

①基本的に、不動産屋から連絡が来ます。

→契約満了日の約2~4ヶ月前までに

②管理会社・不動産会社で手続きをします

※更新料は家賃1ヶ月分が普通です。

良心的な大家さんの場合、自分の取り分はいらないから、不動産会社が受け取る(1か月分の半分の)更新事務手数料だけ請求して欲しいと言ってくれていたりします。

③契約書を再度作り直します。

必要なもの:

ハンコ、実印、銀行印、(保証人の実印)

→管理会社の指示に従いましょう

本日も最後まで読んでいただき、

ABOUT ME
ゆう
こんにちは! 普段はこんな感じです笑(^▽^)/ よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


騙される資産運用
の罠5選
手数料ハンターズ
騙される資産運用
の罠5選
手数料ハンターズ