多くの人が知らない自動車維持費の衝撃

この記事は約5分で読めます。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: img_2230.jpg

経理担当・ゆうです!

プロフィールは下をクリック!!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7d91004b6fff1ccfe845364098e9ed9f-1.png

●年間の自動車維持費・早見表

3種類の自動車の本体代以外にかかる年間の自動車維持費をまとめたものです。

本体代以外に毎月平均2~3万円かかる計算です。

家賃が高い都会では、おすすめはできません。都会は、交通の便が発達しており、車以外に電車やバス、タクシーなど交通手段がたくさんあります。それらの割安な手段を使います。

※対して、田舎は家賃が安い分、自動車にかけるお金がありますし、充実した交通手段もないので必須になります

私は、タクシーは贅沢品だと思っていたのですが、実際に計算してみると、タクシーをマイカー代わりに使った方が安いなんてことが起こります。

週に3回10㎞(3~4駅15分間ほど)の距離にタクシーを使うことができます。

10㎞は約3,500円で、週に3回で10,500円、月に14回で49,000円、年間168回乗って588,000円です。

軽自動車を10年間保有するとしたら、年間58万円です。同じ料金だったら、運転してもらった方が良いと思いませんか?

正直、週に2回ぐらいが良いところだと思うので、年間96回で33.6万円ほどです。持たないようが良いですよね。

カーシェアとかであれば、月額1,000円+24時間7,000円とかで乗れます。

週に2日乗れば、年間18万円で済むので、乗りたい方にとてもおすすめです!

 

●軽自動車での維持費比較

月4日ほど乗ることを想定して軽自動車維持費比較をしました。

おおよその参考にお願いします!

①一括購入

車の保有欲が強いひとにおすすめです!

間違いなく自分のものになります!

 

②ローン購入

今すぐに欲しい方で、車の保有欲が強いひとにおすすめです!

これも間違いなく自分のものになります!

自分仕様にできるのが良いところですね。

リースより少し、割高です!

 

※ちなみに、たまに200万円の貯金を自動車の一括購入で使用して、消費者金融から200万円借りてビジネスを始める方がいますが、そんな馬鹿な話はありません。

❶自動車ローン:年利約3%

❷消費者金融(カードローン):年利約15%

❸クレジットカードローン:年利約15%

❹(住宅ローン):年利約0.3%~2.0%

→住宅ローンは金利額低くても、元手がでかく、長期的な返済なので、住宅金利合計額が数百万円になってしまいます。

❺奨学金(貸与):年利約0.03~0.3%

自動車ローンの金利は、他の金利より5分の1ととても安く、貯金の200万円をビジネス資金に充てるのがお得なやり方です!

 

③リース(借りる)

車を所有欲したいわけではなく、使いたいだけで、車をすぐに買い替えていきたいなら、リースがおすすめです。

そして、使用頻度が高く、乗りたいと思い立ったらすぐに乗りたいという方におすすめです

メリット

車検やメンテナンスはリース会社に任せることができます

→任せればよいので、月額プランにその金額を含めて支払えばよいだけ

月々の料金がお手頃

→リースは、リース契約終了時の車両の価値(中古車で売却できる価格)を考えて、その分の予想下取り価格を差し引いた金額を月々の料金で割って月平均で支払うすることになるので、お得になります。

・乗り換え時に売却・廃車の手続きが不要

通常、すべて自分で手続きしなければいけませんが、契約満了時、返却する時に、面倒な手続きなしに、同じ車を延長することも、新しい車に乗り換えることもできます。

・最短1年契約ができる

→ここ数年だけの乗り回したいなどあれば、リースにすることをおすすめします。

 

デメリット

・ドレスアップやカスタマイズができない

→借りているものなので、自分仕様にはできません

・契約プランによるが、月間の上限走行距離平均が設定されてしまします!

およそ500~2,000㎞が平均値です

→オーバーした場合は、追加の費用を支払うことになります

・契約途中での解約や内容変更は基本的にできない

契約の途中解約・内容変更する場合は高額の損害金を支払うことになります。

→損害金は、残期間分のリース料や事務手数料が請求されるので、損しかないです!

なので、車検、メンテナンス、その分の貯金管理が面倒ではないという方は、ローンでの支払いを検討してみても良いと思います。(リースの方が割安)

・追加徴収が発生するリスクあり

→売却時の市場価格が前後する(予想がはずれる)ことで、追加徴収される可能性があります。

 

④レンタカー

レンタカーは大型連休(4日以上)の時だけ乗るという方におすすめです!

乗る時がほぼ決まっているという方にとてもおすすめです!

友達や恋人との旅行など

 

⑤カーシェア

月に数日使うという方におすすめです。

月に1回でも乗るという方はお得になります!

基本料金1,000円前後でいつでも、借りることができます。

借りる時は、使用時間に合わせて、レンタカーの要領で金額がかかってきます。

例えば、24時間借りれば、だいたい7,000円かかります。

 

まとめ

★自動車は本当に必要か?年間の金額を出して、考えなくてはなりません。

 

それぞれ、一言でまとめると・・・

①一括購入:所有欲が強くて、カスタマイズしたいひとにおすすめです!

②ローン購入:今すぐに欲しくて、所有欲が強いひとにおすすめです!

③リース:よく使うが、所有欲はなく使いたいだけというかたにおすすめ!

④レンタカー:大型連休(4日以上)の時だけ使う方におすすめ!

⑤カーシェア:月1回でも使う方におすすめ!

 

本日も最後まで読んでいただき、

コメント

タイトルとURLをコピーしました